スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市の雀荘での負け方を解説

小島先生みたく8000以下の点は
興味無しビックリマークなんて自分は言ってられないことに
気づきました汗 ← 遅い?(笑)
ドラの5pをツモって6pが使える形に。



エチカというのがこの間だと 思ってたら 今度は エソラだと言う
たとえ、リスクが全くなかったとしてもですね。
1%)
若い頃の 松山千春 は 当然、毛も多かったが 結構 ハンサムでしたよ
目標として
役牌は發が見えてない。
メンホンチートイならダマで8000あるんでリーチしないはず。



一応どちらを打っても待ちは4枚の愚形です。



ブログを書いてると自分の中のいろんな考えや視点が整理されて客観的視点を持てる気がするんです。
ぶっち's麻雀ブログ【むこうぶっち】

Tweet
本書は独白で始まります。

第8回マーチャオ杯
何とかしたいなら自分で倒すしかないだろ。
待ちをしぼってください!
兄「そんなのは知らない。

危険な中張牌を引いたら一萬でオリ、
2着狙いという構想。

打1pか8pかでバトルが行われてましたw
妹「ほんとに失礼ですよ!まったく!」プンスコo(`ω´)oプンスコ
妹「だ、だってナガレがどこにもないじゃないですか!?」

マジョリティは打六m。

大丈夫です。




また勝ってしまったか・・・

トップ優先vsラス回避優先?
ここ最近他家の手が高くなりやすい危険な場』

兄「それと、西園寺家は『魅せない麻雀』が信条ということもあって、
モロヒ、後付け、一発消し、ハイテイずらしなどなど、ガツガツした麻雀を
打ってガチで勝ちに行くので、来るのはオススメできない。
毎月第一日曜にやっています。




京都の雀荘の麻雀ライフを楽しもう



おすすめ記事




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。